2018/2/13コインチェック社会見の所感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コインチェック

どうも。
raimei7です。

コインチェック社の会見で分かった事は

・業務改善報告書を提出
・匿名通貨の取り扱いは継続
・仮想通貨交換業者登録を目指す

という事でした。

 

業務改善報告書を提出

業務改善報告書の中身に関する質問が多かったですが、当然、内容については答える事が出来ないとの事でした。
その場の勢いに任せて、業務改善報告書の中身を聞き出そうとしている様でマスコミの皆様が狡猾に見えました。

 

匿名通貨の取り扱いは継続

匿名通貨を扱っている事が登録の妨げになっているのではと推測していましたが、少なくともコインチェック社としては匿名通貨を継続して取り扱う意思はあるようです。しかし事業継続を目的としている以上、金融庁が匿名性を持つ仮想通貨に対してNGを出した場合は、問答無用で上場廃止すると考えています。ですので匿名性を持つ仮想通貨に関してはG20が分岐点である事には変わりなさそうです。

 

仮想通貨交換業者登録を目指す

現在、みなし仮想通貨交換業者であるコインチェック社は仮想通貨交換業者登録を目指し、事業を継続する方針である事が示されました。

 

流出したNEMが換金されている件について

流出したNEMが換金されているがどう考えているかという質問が記者からありました。
この質問はものすごくナンセンスでコインチェックに聞く事ではないと思います。例えば銀行に強盗が入ってその銀行に【盗まれたお金が使われていますけど、どう思いますか?】って普通は聞かないですよね。銀行だって被害者なのですから。ですので質問者はもう少し質問内容を考えた方が良いと思いました。

 

コインチェック社の今後について

個人的にはコインチェック社には是非、業務を再開してほしいと思っています。
その際には多くの仮想通貨が外部の取引所に移動されたり、売られたりする事でしょう。それを防ぐ為に何かしら策を用意していると推測します。例えばBinanceのBNBのような取引時にBNBで手数料支払いを行えば割安になるサービス。これは仮想通貨交換業者ならzaiftokenのような形で自社tokenを発行でき、これを利用して持っている人に有利になるようなサービスを展開すれば良い訳です。発行量も自由に決める事が出来ますし一番お手軽な手段だと思います。

 

最後に

今回の会見で一番評価出来た点は、椅子や机を用意して会見を行わなかった事です。
腐る程、同じような内容の質問が飛んできますので短く済ます事を最初から目的とした事は前回から学んでいると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA