【仮想通貨BTCFX】BOTを作成して楽して稼ごう!BTC取引自動化への道 その2 ~取引所への登録方法~

スポンサードリンク

こんにちわ!moonsunです!
今日は仮想通貨BTCFXで使用出来る、「自動取引BOT」の作成方法を説明していきます。プログラムの言語は「Python」を使用。取引場所は「BITMEX」となります。初心者の方も気軽に読んで下さい!今回は主に、「取引所の登録方法の説明」を行っていきます。

↓↓関連記事はこちら。BOTの意味や開発に必要な準備の説明をしています。↓↓
関連記事【仮想通貨BTCFX】BOTを作成して楽して稼ごう!BTC取引自動化への道 その1

↓↓実際に運用しているBOTのポジションを載せてます。今のところ微妙ですが、これから勝てるはず?!↓↓
関連記事【仮想通貨BTCFX】自動取引BOT!ポジション教えちゃいます

スポンサードリンク

取引所に登録しよう!

1.BITMEXテストサーバー登録方法


いきなり本サーバー(実際のBITMEX)でBOTを作成すると作り方が間違っていた際に「大きな損失」となってしまいます。ですので初めはテストサーバーで作成しましょう。BITMEXのテストサーバーにアクセスして、赤枠内の登録ボタンを押してください。
上記画像、赤矢印の上にある言語は「日本語」にしておいた方が楽です。
↓↓↓リンク先↓↓↓
BITMEXテストサーバー
BITMEX本サーバー


メールアドレス、パスワード、名前を入力しましょう。テストサーバーですし、名前は適当で問題ありません。


上記のようなメールが送られてくるので赤枠内のボタンを押して登録を完了しましょう。

2.入金しよう


ログインが完了したら、アカウントボタンを押してください。


BTC(ビットコイン)を入金しましょう。テストサーバーなので実際のお金ではありません。自由に入金出来ます。


緑枠内に出ているアルファベットが自分の「入金アドレス」となります。ここをコピーしてどこかに保存しておきましょう。
保存が終わったら赤枠内のリンクを押して下さい。


赤枠内の「Your testnet3 address」というところに先ほど保存した「自分のアドレス」を入力して下さい。入力が終わったら、緑枠内の「Get bitcoins!」でビットコインをゲットしましょう!

3.APIキーを取得しよう


APIキーって何?となる方も多いと思います。
簡単に説明すると一から「BITMEX」とやり取りをするプログラムを作るのはとても大変です。ですので、やり取りの方法をBITMEX側で用意してくれています。その際に使用されるものが 「APIキー」 となります。このキーを使うだけで簡単にBITMEXとのやり取りを行うことが出来ます。
まずは上記画像にある「API」と書かれたところを押して下さい。


上記画面となるので、「APIキーの管理」を押しましょう。


名前         ・・・なんでもOKです。
CIDR        ・・・特に指定無し。
キーのアクセスの許可・・・「注文」にして下さい。
出金        ・・・チェックしない方がいいです。(別のアドレスへ出金してしまうリスクが生まれます)

上記準備が整ったら、「APIキーを作成」のボタンを押しましょう。


赤枠内に「ID」と「秘密鍵」の情報が出てきます。この情報はBITMEXを使用する為に不可欠なものとなっています。テキストに保存したり、紙にメモしたりして絶対に無くさないようにしましょう

また、APIキーを作り間違えたりした場合は、上記画像、緑の矢印にある「削除」ボタンを押すことによって削除できます。

スポンサードリンク

まとめ

今回は「取引所に登録~APIキーを取得」の流れを行いました。本サーバーの(実際のBITMEX)においても流れは同じなので、自動取引BOTを作成するつもりなら覚えておいた方が良いです。次回は今回取得した「APIキー」を使用していよいよプログラムの作成にとりかかりましょう!

でわでわ また~ 😛

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA