仮想通貨のシストレ|自動取引botに参入するタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動取引botはトレーダーの感情をゼロにし、効率よくトレードを行ってくれるものです。寝ていても儲けが出るものですから、早く使ってみたい気持ちが湧いてきます。

しかし、焦りは禁物です。今回は、今まで手動で取引を行っていた我々が、自動取引botを運用するにあたり気をつけている点を紹介しましょう。

絶超上司のオススメ記事↓↓

絶超上司の関連記事BOTを作成して楽して稼ごう!BTC取引自動化への道 その1

テストをしっかりと行う

まずありがちなのが、すぐに利益を求めるあまり開発と運用を同時に行ってしまう事です。

開発した自動取引botが確実に利益を生んでくれるのか、十分なテストが必要です。

私達は、bot開発に3ヶ月(テスト運用含む)と本格テスト運用に3ヶ月をかけて毎月利益が得られるかどうかをしっかり見定めた後に実運用への展開を計画しています。

スポンサードリンク

実運用に向けてチーム内で協議

我々「絶超上司」は3人のお金儲けチームです。1人が暴走してもストップできる体制が整っています。

今回のbot開発に置いても、1人だったらこんなテスト期間を設けなかったかもしれません。より確実な利益を収める為、運用に向けてのスケジュールを精査しました。

絶超上司の関連記事社畜で金儲けしたい人必見!金儲けチームを作ろう!

どうやってチームを作るの?

なかなか都合よく金儲けチームを作る事は難しいと思います。絶超上司も仮想通貨に興味があったメンバーで「やってみようか」と気軽に始めたのがきっかけでした。

しかし、冷静に分析すれば我々には共通点がありました。

  • お金が大好き
  • 仕事だけでは豊かな暮らしは無理だと危機感を覚えている
  • 負けん気が強い

これらの特徴が、メンバー全員強く表れています。やはりお金に対して貪欲さは一番重要と言えるでしょう。チームメイトを探す際、ご参考になればと思います。

一見して危険な性格の持ち主が集まっているように思いますが、全員、最終的には”お金持ち”になれば良いと考えているので、勉強が苦でなかったりメンバーとの衝突も最終的な利益につながると信じているのです。当然、お互いのモチベーション向上になりますし、三者三様得意分野が違うので進みは通常の3倍です。

もしあなたが「1人では続けられない。心配だ、不安だ」と思ったのなら、まずはチームメイトを探すところから始めて見てはいかがでしょうか?チーム集めを真剣に行えられれば、お金持ちの才能は十分に備わっているでしょう。

リスクを取りに行く事が必要

さて、ある程度のテストが完了し実運用に取り掛かる所まで来ると、中々行動に移せなくなります。果たして取引をbotにまかせていいのか…、チャートから判断するとbotのポジションと異なるけどいいのか…、寝てる間にロスカットされたら…。不安を考えてしまうと怖くなりますよね。

しかし、新しい挑戦にはリスクがつきものです。現状からより良い選択を行ったわけですから、あなたの決断は正しいものになるはずです。あとはその不安を乗り越えて突き進むだけ。リスクを取りに行き最高を掴みに行くのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA