仮想通貨って実際のところbot作ってれば儲かるんじゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、私達のツイートや自動取引BOT!ポジション教えちゃいますで利益やポジション報告を行っていますが、ハッキリとわかったことがあります。それは、素人ほど自動取引botを利用したほうが良いです。

我々の自動取引botは、各種テクニカル分析の手法を組み込み自由に選択できるタイプで、私のテスト環境だと今の所MACDというテクニカル分析を使用しています。これが連戦連勝で、昨日も寝てるだけで約7,000円儲けました。

投資はリスクを取って利益を得る行為ですが、これが性格によってはどうしても向いてない方がいらっしゃいます。よくあるのは、欲が止まらなく、損切りできないタイプの人ですね。

まだ騰がる…!で利確できず暴落で焼かれる。また騰がるはず…!で暴落し続け損切りできない…。トレードで損をする典型的なパターンです。このタイプは一度ポジションに入ると常に相場を確認せずにはおられず、日常の行動にも影響が出てしまいます。今の私もこのタイプに近いでしょう。

正直、このタイプのトレーダーは今すぐトレードを止めて別のことで金儲けしたほうが絶対に損しません。前もブログで紹介しましたが、投資のセンスが無いのに投資を続ける事は愚かの極みです。

絶超上司の関連記事こんな奴は仮想通貨をするな!!投資に向いていない性格
絶超上司の関連記事こんな奴は仮想通貨をするな!!投資に向いていない性格その2

利確や損切り…、いずれも”欲”の感情が支配する為、これを無にできればまだ可能性はあるのですが、長年培われた感情はそうそう変えられません。

だから、システムトレードがオススメ

システムトレードなら、寝る時間を削ってチャートを見なくてすみますし、損切りや利確もすべて自動です。

損切りのパーセンテージ(例えば、資金の-4%失ったら損切り)を設定しておけば、損切りタイミングに悩むこともありませんし、利確も同じことが言えます。

「頭と尻尾はくれてやれ」という投資の格言がありますが、これは最安値、最高値を狙ってトレードすることはほぼ無理という意味です。したがって手動で最安値、最高値を狙う事に労力を割くより、システムトレードで機械的に売買したほうが心労がありません。

スポンサードリンク

サラリーマントレーダーはいつトレードをする?

海外の投資家は日本の就寝時間に合わせて仕込みを行います。

日本人は投資に慣れていないので、ポジションを持ったまま寝る事に危機感を覚えないのです。「おはぎゃー」という言葉がありますが、これは「朝チャートを見て卒倒する様(おはよう…ギャー!!)」を表した言葉です。つまり就寝時間中に大きな値動きがありその影響を受けている方がよく見られるという事ですね。(仮想通貨を始めた方の中には、この「おはぎゃー」を体験された方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?)

さて、ここで問題ですが、日中勤めがあるサラリーマンは、いつトレードに参加すればよいのでしょうか?ポジションを持つと日中の値動きが気になり仕事がおぼつきませんが、そもそも我々サラリーマン素人投資家がチャートを見たって、値動き予見することなとできっこありません。

つまり、年単位での長期保有を計画しない限り随時チャートを見るのは時間の無駄です。本業に影響があるし、チャートを確認する時間を、自分のために使ったほうがマシです。

絶超上司の関連記事投資で得たお金を今度は自分への投資へ!

次なるステップへ進んでみては?

現在、手動でトレードしていてもいまいち結果がついてこないトレーダーは、手法を変更してみてはいかがでしょうか?

1つに、我々が開発している自動取引botの開発も良いですし、ロング(買い)しか知らない方は、ショート(売り)からの取引を勉強してもよいかと思います。冒頭に書いた通り、諦めて別の金儲けに移行するのも、立派な金儲けの行動です。

さぁ、今までの投資を取り戻す為、すぐに次のステップを始めるか、サンクコストとして見限るか…、いずれにせよ、あなたに必要なのは行動のスピードです。(サンクコスト…決して回収できない費用の事。)

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA