初めてのクリプトアルパカやり方徹底解説【Vol02】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!
tysterkenです。前回に引き続き、CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)の解説を行っていきます。
関連記事初めてのクリプトアルパカやり方徹底解説【Vol01】-アカウント取得-

さて、僕は結構かわいいモノ好きなので、どんなかわいいアルパカに出会えるか実は楽しみだったりします。HPに出てきたアルパカ達は個性あれどかわいい風のアルパカだったので、これは期待できそうですね。ではレッツプレイ!

アルパカの購入準備をしよう!

CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)の設定画面を確認しよう

早速アルパカを購入したいと思います。購入前に、WalletにETHをDepositする必要があります。このETHは、アルパカを購入したりエサ代金だったりとアクションに対して必要となるお金です。

前回の画面を引用して説明します。
①の歯車マークを押します。これはCryptoAlpaca(クリプトアルパカ)の設定画面を開きます。

上から順番に。
言語設定があります。まだ日本語は実装されていませんが、僕は英語の方が読めるので英語に設定してあります。
基本的には中学生レベルの英語ですし、分からない単語は調べれば簡単に理解できます。

パスワード変更とありますが、特に変更しないのであればこのままで。

したの方に行くと、Ethereumと書かれた項目が現れました。こちらがWallet関連の設定になります。

【Balance】CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)内に保有しているETHを表示しています。はじめは[0(ゼロ) eth」です。
【Wallet】Withdraw(送金)用のアドレスを記載します。CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)で稼いだETHをWithdrawする際、ここに記載されているアドレスが反映されます。MEWやMetaMask等のアドレスを入力します。
関連記事MyEtherWalletを導入しよう
関連記事ゲームの為にmetamaskを導入しよう

【Deposit】CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)内にETHを入金する為の項目です。後に説明します
【Withdraw】CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)からETHを送金する為の項目です。儲かったら行いましょう。現状はプレイ優先の為説明は割愛致します。
【Transactions】カミングスーン(もう少しまってね!)と表示されます。たぶんアルパカを購入した際にトランザクションを確認することができるのだと思います。

さて、ここで重要なのがプレイに必要なETHの入金、つまり【Deposit】になります。

WalletにETHを入金しよう

【Deposit】をクリックします。

すると、上画像みたいに表示されます。仮想通貨を購入したことがある方はおなじみの画面ですね。

CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)のDepositアドレスとそのQRコードが表示されます。このアドレスに対してETHを送金してください。
Deposit?アドレス?という方は下記関連記事をどうぞ!
関連記事仮想通貨の送金・入金って!?

送金が完了すると、【Balance】に反映されます。

CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)のマーケットに行ってみよう

マーケットには沢山のアルパカが待ってるよ!

さて、入金も済み、あとはかわいいアルパカを購入するのみとなりました。では、アルパカが待つマーケットにGO!

下部のメニューは常に表示されています。左から2番め「アルパカ売り場」をクリックします。

wwwwwwwwwww

はい。まず、色々と言いたいことはあると思うんですけど、何故か「バット○ン」がいます。しかも、左下の方には「バット○ン」が装着するであろうマスクまで。
これ、ちゃんと版元に許可取ってるのかな…。とってない気がするな…。ちょっと心配ポイントです。(なにげにシンボルの形状を変えてきている点、たちの悪さ感じます!!

次に、値段ですが結構するなー、という印象。10ethって約「1,000,000円」じゃないですか!?正直、日本のスマホゲーのカードキャラすら「ただのデータ」と揶揄される時代、この顔が紫で困っているアルパカに約「1,000,000円」の値段で取引される可能性があるとは…。

マーケットには「販売」と「オークション」がある

しかしご安心を。CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)はここまで高価なゲームではありません。これは画面にも表示されている通り「Sell(販売)」の一覧なのです。
プレイヤーが自分のアルパカに値段をつけて出品している状態ですので、中にはふざけた価値をつけるプレイヤーもいるかもしれません。この辺はまだ価値が定まっていない状態ですので、何が正しいのか手探りですね。自分の価値感を頼りに購入することになります。

まずは、もう一方の「Auction(オークション)」から購入する事になると思います。このオークションでは、定期的に運営がアルパカをオークションに出品します。その初期値段は「0.001ETH」
2018/3月現在では、1ETH約9万円なので、だいたい90円ぐらいですね。これならお求めやすいですね。
ただし、最低入札額も0.001ETHなので、誰も入札がない状態の最安で「0.002ETH」という事になります。当然入札者が多いと値段も高くなる可能性があります。

しかしご安心を。入札できなかった場合は、それまでに入札した分の金額は戻ってきますので無駄になることはありません。ただし、必ず入札金額分保有している必要がありますので、CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)のBalance量には注意しておきましょう。肝心な時に入札できない可能性もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?アルパカはかわいいでしたか?
各パーツ毎にランダムの組み合わせの為、中には全然かわいくない、いや生物としてどうなの?というぐらいのアルパカもいますが、これもまたブロックチェーンゲームの黎明期が成せる面白さとも言えます。
日本のスマホゲーだと、どんな組み合わせでもだいたいかっこ良い・かわいい様に作られています。遊び心でネタ目的として用意されているキャラや武器等があるぐらいです。
このCryptoAlpaca(クリプトアルパカ)のように、組み合わせのカオスを楽しむのも、また一興ではないでしょうかw

次回はいよいよ本番!CryptoAlpaca(クリプトアルパカ)の購入に迫ってみたいと思います!乞うご期待!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA