仮想通貨XP・XPCの発展にはe-Sportsの発展がマスト

スポンサードリンク

XPやXPCの成長には必ずゲーム業界の発展が必要です。仮想通貨が世界共通の通貨である以上、ゲーム業界も世界単位で見ていかなくてはなりません。

2018年、世界のゲームはどのように発展していくのか、海外アナリスト達の展望を交えてご紹介致します。

ゲームに特化する仮想通貨XPやXPCについては下記関連記事をご確認ください

絶超上司の関連記事仮想通貨初心者が始めやすい!?XPコインとは
絶超上司の関連記事いつのまにかXPが分裂!XPC誕生!
絶超上司の関連記事【2018年9月版】XPRewardsの登録方法|SteamでXPを貰おう!

e-SportsとXP・XPCのベストマッチ

XPやXPCは、e-Sportsをターゲットにした開発をしています。e-Sports大会のスポンサードになる事を第一目標に動いています。(すでに大会のスポンサードになった実績もあり。)これが浸透すればXP・XPCは大きく発展する事間違いありません。

絶超上司の関連記事xpcがホワイトペーパーを公開!

その他にも、Steamでゲームを購入する際にXP・XPCを利用したり、プロゲーマーやプロストリーマー等のプレイに投げ銭で応援できるようにしたりとXP・XPCはゲームに関わる全てに使われる仮想通貨を目指しています。

XPコインのスローガンは、RPGの経験値(Experience)のように扱われる事です。相手を倒した時の喜びが目に見えるXP・XPCになることで一層ゲームと人生が深く結びつき楽しいものとしてくれるでしょう。

プロゲーマーは、血の滲むような努力を積み重ねてe-Sportsに挑みます。たかがゲーム…という評論など眼中になく真剣です。その真剣さを具現化できるのがXP・XPCと考えます。

e-SportsとXP・XPCの発展は相乗効果で大きくなる可能性を秘めています。

スポンサードリンク

日本はe-Sportsの土壌が出来ていない

ハッキリ言えば、スマホゲームで課金して楽しんでいるプレイヤーが多い日本でe-Sportsの発展は望めないと考えます。

例えばgoogleで「日本ゲームランキング」と検索しても、上位に出てくるのは「スマホゲームアプリ」の項目です。後述しますが、スマホゲームのe-Sports化は見どころが少なく派手さもないので、世界規模で見た場合にプレイヤーも観戦者も楽しめないでしょう。

日本はゲーム市場「世界2位」だけど…

世界2位と聞こえは良いですが実際の所スマホゲームでの売上が半数を超えているのが現状です。

なお、日本のゲーム市場は世界2位のシェアを誇るが、まだesports市場については世界の5%ほどのシェアしかない。だが、新団体の発足を皮切りに今後本格稼働していき、世界各国のesports市場以上の成長率が期待できると述べた。

ファミ通App 世界と比較した日本のesports市場、その現在と未来とは? より引用

今後、日本がどのようにe-Sportsに対して取り組んでいくかに注目ですね。

e-Sportsで主流となっているゲームは?

e-Sportsは「Overwatch」や「CS:GO」などのFPSゲームが主流であり、反応速度・戦略・チームプレイあらゆる要素を組み合わせて勝利を掴むのが醍醐味です。プレイヤーが白熱するのはもちろんの事、観客も目まぐるしい展開にエキサイトできるので同ゲームはエンターテイメントとして確立されています。

Activisionによる「Overwatch League」の成功は,業界全体にとってのモデルケースなるだろう

gamesindustry.biz 2018年,ゲーム業界はどうなるのか? 海外アナリストたちの展望 より引用

日本のゲームは簡単すぎる

e-Sportsの魅力は、テニスやサッカーのスポーツと同じ「たゆまない努力を行った者同士のバトル」です。

スマホの特性上、入力を考えた構成でゲームを作るのでプレイ内容が簡単になりがちです。また、老若男女がプレイできるようにゲーム内容もとっつきやすいものになっています。

多少の攻略要素はあるものの、スキルによるものではなく知識によるものの為スーパープレイなどが発生しません。合わせて、課金要素を追加するとプレイスキルより資金力が物を言うゲームになってしまいます。

このように、日本がe-Sportsに参入するには、もっと難しく魅せるプレイになるような対人ゲームの普及が必要と言えるでしょう。

私達ができること

ゲームに対する偏見をまず個人レベルで取っ払う事です。

周りは「ゲーマーなんて遊んでいるだけでしょ?」と間違った認識でいます。しかし世界はe-Sportsをテニスやサッカーなどのスポーツと同じ目線で捉えています。大会を開きプレイヤーと観客が盛り上がるエンターテイメントとして認識しています。

その時代の中「ゲーマーなんて…」という発言は自身が時代遅れだと迷言してしまうだけです。まずはゲームに対する悪しき日本の偏見を払拭し、ゲームで生活しているプロもいると認識しましょう。

その後、ゲームに対して誤った認識でいるあなたの周りの人々に”正しいゲームの時代”を教えて「ゲームって凄いんだ!」と広まるようになれば、自ずと日本にもe-Sportsが一般的になる時代が来ることでしょう。

テニスだってゲームだって、本気になれば一緒です。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA