仮想通貨G20|2018年10月11日に注目!仮想通貨の規制はどうなる!?

スポンサードリンク

前回のG20から3ヶ月経ちますが、前回の議題を中心に議論すると予想されます。

絶超上司の関連記事仮想通貨の重大ニュース|2018/7/21のG20会議はどうなった?

前回の中心的な議題

前回の議題は大きく分けて2点です。

  • 仮想通貨の安全性
  • ソブリン通貨の特性

安全性が保たれない限り、通貨として認められない

前回のG20でも大きく取り上げられた仮想通貨の安全性については引き続き議論されると予想します。

前回から3ヶ月の時間がたった今もなおハッキングや市場操作が目立ちます。まだまだ安全性が保たれないと判断されるマイナスな材料です。安心・安全性を調査する理事会FSB(金融安定理事会)の検討内容に注目です。

絶超上司の関連記事:そりゃ仮想通貨とインサイダーは相性いいわな
絶超上司の関連記事:
【予想通り!】CboeビットコインETFが延期

ソブリン通貨の特性は安全性が保たれている事が絶対条件

ソブリン通貨とは、各国政府や政府機関などが発行・保証する通貨の事をいいます。

ブロックチェーン技術は世界で共通化できる技術の為、ソブリン通貨として運用したほうが効果を発揮しますが、安全性が保たれていない現状ではソブリン通貨に成りえないと判断されています。

慎重に成長させる仮想通貨

いずれにせよ、「FSB」「FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)」などの専門機関と調整しながら、仮想通貨の安全性を高めていく内容になると予想されます。

今回のG20で大きな進展は無いと予想しますが、G20で仮想通貨の安全性が確立されれば、仮想通貨の発展に大きな動きが訪れるでしょう。

スポンサードリンク

ETFに向けての議論もあるか?

新たな議題が発生するとすれば、最近騒がれているETFについて何かあるかもしれません。

絶超上司の関連記事知らないとマズイ【ETF】とは?ビットコインの暴騰に備えよ!
絶超上司の関連記事ビットコインETFの承認が9月末に延期
絶超上司の関連記事ビットコインETFがどうなっても知らんぞ!!安心・安全からかけ離れた仮想通貨

SECの発表通り、仮想通貨の安全性や投資家に対する保護が前提となる金融商品だけに、G20の議論に影響があるのは間違いありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA