仮想通貨で負けない秘訣!ゴールを定めてゴミの感情を出さないようにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!絶超上司(@joushi_koeru)のtysterkenです!

仮想通貨や投資で思い通りの値動きにならないと、「どうして自分だけこんな目に…」「自分にはセンスがないのかな…」と自己嫌悪になってしまうことありませんか?

私達に密接で生活に直結するお金がなくなってしまうわけですから、無くなることは悔しいですし、一生懸命働いたお金を刈り取られる事は自分を否定されているような気さえなります。

このマイナスな感情のまま、仮想通貨を継続しても「またきっと負けてしまう」でしょう。それは別に「センスがないから」や「運がなかった」など不確定要素ではなく、あなたが「ゴールを決めていないから」なのです。

ゴールを決めるとは?

文字通り「目標のゴールを決める」事を言います。

案外、ゴールを設定している仮想通貨プレイヤーは少ないのではないでしょうか?

仮想通貨を始めたきっかけを思い出してみると、ゴールは決めやすいと思います。

  • 「金儲けしたい!」→ゴールは「○○円到達!」
  • 「仮想通貨の将来が楽しみだ!」→ゴールは「スマホ等で決済が出来た」
  • 「仮想通貨関連のソフトが作りたい!」→ゴールは「アプリを作った」

など…、ゴールは人によって様々です。今回は「金儲けしたい!」のゴールにスポットを当ててみましょう。

「金儲けしたい!」きっかけは明確なのですが、具体的な到達金額(ゴール)は設定されているでしょうか?「なんとなく儲けられそう」や「億り人という言葉があるわけだから…1億かな」と抽象的なのではないでしょうか?

ゴールが設定されていないと、その場の値動きに一喜一憂してしまいます。この一喜一憂は危険を含んでいます。

一喜一憂はゴミの感情

ゴールが設定されていない状態での一喜一憂ははっきりいって「ゴミの感情」です。そのままほうっておくととても危険な存在に育ってしまいます。

失ってしまっ「た」は取り返せない

シンクコストという言葉があります。意味は「どのようにしても回収できない費用」です。一度値下がった事実に狼狽えてさらなる値下がりで損益を出してしまう…。私もそんな経験があります。

ゴールを設定していない為、瞬間の値動きに一喜一憂してしまいます。その感情に具体性はない(なぜならゴールを決めていない)ので誤った行動・選択をしてしまう可能性が非常に高いのです。

ゴール(目標金額)が設定されているならば、途中の値動きは「織り込み済み」と冷静に見られます。冷静に損切りも出来ますし、冷静に再度ポジションに入る事ができます。

絶超上司の関連記事仮想通貨で儲ける必殺のテクニック|断捨離でお金持ちになろう!
絶超上司の関連記事仮想通貨の損切りは次の勝利の為に!タイミングを逃すな!!

ゴミの臭いが染み付いてしまう

ここで例を出してみましょう。仮想通貨で1万円の損益を出してしまいました。あなたは悔しいです。しかし、次のタイミングで3万円の利益が出ました。しかし次は5万円の損益。次は7万円の利益。次は11万円の損益

さて、トータルの利益損益は置いておいて、感情の振り幅はいかがでしょう?

文章で見る文には、トータルの利益を計算できますし、「徐々に金額が上がっているなぁ。」「だんだんひりついてきているだろうな」と予想がされますが、実際に体験してみると金額の大きさにかかわらず「同じ感情になっている」はずです。

始めは1万円の増減に嬉しさや悔しさを感じました。しかし10万円レベルの感情を体験したら、果たして1万円の増減に感情は芽生えるでしょうか?

いわゆる「ヤケになる人」はだんだん悔しい嬉しい感情が麻痺している状態と言えるでしょう。もう1万円増減に感情は動かない。それ以上の値動きじゃないと感情は動かない。……と勘違いしている事が危険な状態です。ゴールを決めていないのですから、その瞬間が一時的なゴール(のようなもの)になってしまっているのです。

ゴール(到達金額)を決めていないゴミの感情は、腐敗してさらなる悪臭を放ち、いつまで経っても捨てられない最悪の状態になってしまいます。

具体的なゴールの決め方

まずは、「お金持ちになりたい!」という抽象的なイメージは捨てましょう。あなたの想像するお金持ちは、わかりやすいお金持ちの象徴である可能性が高いのです。

毎日働かず、ワインを片手にPCでデイトレード。両脇には美女がいて何の苦労もない…。とてもわかり易いお金持ちのイメージを記載しましたが、このようなスタイルのお金持ちは稀も稀です。お金持ちは案外あなたの身近に潜んでいる可能性もあります。(なぜか?を説明すると多少横道にそれるので今回は割愛致します。)

不自由なければお金持ち

例えば、自分の小遣いが1万円で、なかなかパーッと遊べやしない。でもなんとか切り詰めれば1万円で1ヶ月楽しむことができる。たまに妻から1千円補充してしまうこともあるけど、そんなことはめったにない…。

この場合あと自分のお小遣いがあと5千円でもあれば少し余裕が出そうですね。ずっと1万5千円でやりくりでき満足であれば、1つの「お金持ちスタイル」と考えます。

さて、上記の例からゴールを算出してみると、1年間で6万円の利益が1つのゴールとして設定できます。当然、2年分、3年分とゴール先を考えても問題ありません。大切なことは、自分の感情の届く範囲でゴールを決める事です。1億円を持ったことも見たこともない人が、いきなりゴールを「1千万や5千万」と設定する事は、ゴールが見えていない事と同じことです。

お金持ちの夢は見ちゃダメなのか?

先程のお小遣い5千円アップがお金持ちという考え方について、「それはお金持ちじゃない」という意見もあるでしょう。「お金持ちってのは、もっと莫大にお金を持っている人の事だ!」と感じる方もいらっしゃると思います。

お金の価値観は人それぞれですので、様々なお金持ちスタイルが合ってしかるべきです。

ただ、いかなる金額でも「ゴール」は設定すべきだと考えます。億り人(1億円)がゴールであれば、1億円までのプロセス(元金や運用期間、税金対策など)や1億円で何が欲しいか・成したいかを決めておく必要もあります。(目的が決まって無いと、たとえ1億円儲けたとしてもいずれは仮想通貨で失ってしまうかも…!)

まとめ|ゴールの設定の為、1日休んでみよう

1日中チャートとにらめっこし、一喜一憂する事はあなたの人生が楽しくありません。スマホをへし折る勢いじゃないと相場から離れられない状態では、ゴールを設定するなんてとても無理です。

そんな場合は、一旦相場を休んでみてはいかがでしょうか?自分で判断した材料があり相場の様子をしっかりと見ている方であれば、今後も安心ですが、あなたが今チャートだけとにらめっこしている状態であるならば、後の値動きはギャンブル的な動きになる可能性が高いかもしれません。

その状態で利益が出たとしても一時的なものです。まずは一旦勇気ある損切りを行い、仮想通貨のゴールを設定してみてはいかがでしょうか?

お金持ちになる可能性は、仮想通貨だけではありません。他なる投資や商売、スキル等すべてがお金に繋がります。ゴールの設定は、これら全てに置いて言えることです。ゴール設定のくせを、このチャンスに学んでおくと良いかもしれませんね。

資産の分散、リスクヘッジもゴールの目標には必要不可欠です!

1箇所に資産を保管しておくことは危険です。取引所の閉鎖やメンテナンス等で機会損失する可能性も十分あります。1箇所の仮想取引所しか登録されていない方は、この機会に是非他の取引所にご登録されてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA