MEWでERC20トークンを追加する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。
raimei7です。

今日はMEWに任意のERC20トークンを追加する方法をご紹介します。

以下ERC20トークンがご自身のethアドレスに送られている事が前提です。

※ERC20:イーサリアムのブロックチェーンを利用するのであればこの規格に沿って設計されている必要がある。

 

STEP1.MEWへアクセス

まずMEWにアクセスします。
登録がまだであれば前回の記事を参考にして下さい。

関連記事MyEtherWalletの作り方

STEP2.EtherscanでToken情報を参照する

ether/tokenの送出→トランザクション履歴からEhterscanにアクセスします。

 

etherscanにアクセスするとご自身のアドレス情報が表示されます。Token Transfersを選択するとERC20トークンのトランザクション履歴を参照できます。

下記は各項目の簡易説明です。

TxHash
トランザクションの詳細です。手数料がいくら掛かってどれぐらいの数を送った等の情報が分かります。

Age
トランザクションが発生してからの時間です。

From
Tokenの送り先アドレスです。

To
Tokenの受け取り先アドレスです。

Value
Token数です。

Token
Tokenの種別です。名称が表示されます。

ここではエアドロップでもらった【GSGC】というtokenで例を示します。

GSGCを送ってきたアドレスをFromから辿るとGSGCのコントラクトアドレスに辿り着く事が出来ました。

 

STEP3.カスタムトークンとして追加する

トークンの一覧に無い場合はカスタムトークンの追加を行う必要があります。【カスタムトークンを追加】をクリックすると下記の表示となります。

コントラクトアドレス欄にGSGCのコントラクトアドレスをコピーします。
続いて、トークンシンボルを入力します。ここではToken種別にあった【GSGC】とします。
最後に小数点以下の桁数を設定します。GSGCでは【0】を選択します。大体のERC20Tokenでは【0】か【18】を選択しておけば表示できます。しかしながらToken毎に異なる物だと覚えておいたほうが良いでしょう。Tokenの公式サイトにケタ数が書いてある事が多いです。

これでGSGC tokenの表示を追加する事が出来ました。

※ちなみにブラウザのキャッシュを削除すると追加した表示が消えます。中身は消えてないので安心して、もう一度表示の追加を行って下さい。

コメントを残す

*

CAPTCHA