ここいらでインデックス投資という長期投資を始めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期投資の為に始めた仮想通貨がいつの間にか短期投資になっていませんか?ボラリティが高いとどうしてもFX取引で一発大儲けしたくなりますよね。

楽してお金を儲けようとしたのに、結局損益が出てしまい辟易しているあなた!ここいらでインデックス投資を始めてみてはいかがでしょうか?

インデックス投資とは

インデックス投資とは世界中にあるしたインデックスファンドに積み立てて長期保管を行う事を言います。投資信託と呼ばれる金融商品に投資を行うのが一般的です。(投資信託とは我々投資家のお金をまとめて、専門家が株式や債券などに投資・運用しそこで出た利益を我々に分配するという金融形態です。)

関連トピックス:投資信託と聞くと思い出されるのは、2018年8月に話題となったビットコインETFですね。承認されればビットコイン関連の企業やサービスに対して投資信託を行えます。

絶超上司の関連記事知らないとマズイ【ETF】とは?ビットコインの暴騰に備えよ!

インデックス投資のメリットは?

長期投資を前提としたインデックス投資のメリットは

  1. 少額から購入できる
  2. 沢山の銘柄の株式や債券に分散投資できる
  3. 運用会社(専門家)が破綻しても資金が守られている。

1つずつご説明いたしましょう

少額から購入できる

仮想通貨と同様少額から購入できます。証券会社によって金額は異なりますが、100円から購入できるところもあります。

この100円という少額からの投資が可能な国は世界的にみても実は日本ぐらいなものでして、投資のハードルがかなり低いのにもかかわらず、投資信託をほとんど活用していません。2018年3月時点で日本人が家計の中で投資信託を保有しているパーセンテージはわずか4.0%しかありません。(日本銀行調査統計局 資金循環の日米欧比較 より)

沢山の銘柄に分散投資ができる

改めて言いますと、投資信託は専門家に投資する事と同じことですので、1つの銘柄に投資するというわけではありません。専門家が、「こことあそこ、ここもよさそう」と複数の株式や債権に投資を行います。つまり自動的に分散投資が行われているのです。

たとえ1つの会社が倒産してしまっても分散で投資しているので大きな値下がりはありません。実際、分散投資を行おうにも「ではどの銘柄を選べばよいのだろう」と迷ってしまいます。専門家が上昇を予見した株式・債権を選んでくれるので楽で良いですね。

運用会社が破綻しても資金が守られている

見出しの通りです。投資信託はあくまで投資家の資産を用いて運用を行う会社であり資産を別途管理するよう制度が決まっています。万が一があったとして安心して投資ができます。

怪しげなファンドに要注意

“ファンド”=”投資信託”というイメージがありそうですが全く別物です。

○○ファンドという名前だから安心に違いない…と思ってしまうと騙されてしまうかもしれません。投資信託は財産を守られるよう制度化されているので、怪しいと思ったファンドに対しては「それは投資信託ですか?」と質問する事で、ある程度の判断が可能です。曖昧な返事を返してきたなら、まず怪しいと思って間違いないでしょう。

スポンサードリンク

長期投資がなぜ利益をもたらすのか

それは、人の未来を信じて寄り添い続ける結果だからです。

1つ質問です。1801年、アメリカで上場した株式に1ドル投資すると現在は何倍になっているでしょうか?

 

 

答えは約700,000倍です。1株1ドルが70万ドルにも成長したのです。

現在までの200年の間、金融に大影響のある様々な事件が起こりました。世界大戦が2回、世界恐慌、最近ですとリーマンショック…。しかし幾度暴落があっても、長期的に見れば右肩上がりのチャートを形成しているのです。それは、人々がより良い未来を信じて頑張ってきた証ではないでしょうか?

このように、人々が豊かになりたい!未来に向かって頑張りたい!という気持ちが続く限り、ゆっくりでも必ず成長するという歴史があるのです。

インデックス投資は積み立てが基本

インデックス投資が長期投資に向いているとは言え、現在の財産全額を投資するのは危険です。”投資”ですから、損をすることも当然あります。

インデックス投資の基本は”積み立て”です。毎月決められた額で投資することで、価格が高いときは株数少なめ、逆に低いときには多めに購入できるので、長期投資を行えれば行うほど平均購入価格を下げることができます。この購入方法は、“ドルコスト平均法”と呼ばれます。

tysterkenもインデックス投資を始めてるぞ!

分散投資と長期投資の勉強としてインデックス投資をはじめました。

投資額は毎月5,000円と少額ですが、10年単位での長期投資ですので将来的にはまとまった金額になる予定です。3ヶ月目現在のポートフォリをはこんな感じ。

現状マイナス(笑)まだまだ目に見える結果は出ていませんが、積み立て投資(ドルコスト平均法)のおかげで高値づかみによる損失を免れています。一番上の商品の値動きを見てみましょう。

まだ2年も経たない投資信託商品ですが、上下しつつも右肩上がりに値上がりしている様子が見受けられます。このように目に見えると長期投資がいかに堅実な投資だとお分かり頂けるでしょう。

そして一番ご注目いただきたい事は、資産価値が現状維持出来ている点です。仮想通貨は値動き激しく、すぐに損益に影響があります。利益があれば何も問題ないのですが、損益側に触れると厳しいですね。

ここでもインデックス投資の特徴が表れています。インデックス投資の長期投資はじっくり利益を見越していくスタイルなので、激しい上下が起きにくいのです。そのため、いつでも預けた額の資産を引き出す事ができます。銀行のちっぽけな金利と比べると、将来的に利益があるインデックス投資を行うほうがお金を活用できると思いませんか?

さて、まだまだ始まったばかりのインデックス投資ですが、仮想通貨と異なりどのような資産を形成していくのか…、今後もブログを通じてレポートできればと思います。引き続きお楽しみを!

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA