初めてのクリプトアルパカやり方徹底解説【Vol01】

どうも!
tysterkenです!

私もRaimei7に倣って、仮想通貨ゲームをプレイすることにしました。CryptoHorseはすでにRaimei7が先行争いを制したので、私はCryptoAlpacaを始めようと思います。
アルパカなら争いは生まれないので自分のペースでプレイできますねw
関連記事:RaimeiのCryptoHorseプレイ日記
関連記事:moonsunのイーサエモンプレイ日記

CryptoAlpacaはペットゲームです。デザイン多数のアルパカを飼育し、子供を産んだりウール(毛)を刈ったりできます。
飼育したアルパカやウールは売却する事ができ、更にアルパカを購入したり飼育餌を与えたりすることができます。今のところプレイ内容は幅広くはありませんが、
自分好みのアルパカ(デザイン)を追求するもよし、ウールを生産して儲けるのもよし。遊び方はそれぞれです。

‘続きを読む’

イーサエモンをやってみた!

初めまして!moonsunです!

記事投稿は初めてなのでお手柔らかにお願いします。

さっそくですが、最近仮想通貨業界で大人気?!のあのゲームをプレイしてみました。

その名も
イーサエモン!

では内容を説明していきます。

‘続きを読む’

社畜突撃インタビュー クソ髭大貧乏編

どうも!
tysterkenです!

さて、やってきました「社畜突撃インタビュー」第二弾!
前回は我ら(我)PACの伝道師、パッ君のインタビューでしたが、今回は仮想通貨の大否定派に対してインタビューを行いました。
彼の名は「クソ髭大貧乏」
パッ君とは奇しくも同期になります。

関連記事社畜突撃インタビュー「パッ君」

‘続きを読む’

CryptoHorseのホワイトペーパー所感その1

どうも。

ワンクリックで金をドブに捨てる男、raimei7です。

CryptoHorseに実装されているゲームを一通りプレイしてしまったのでホワイトペーパーを読んでみます。以下、ホワイトペーパーのナンバリングのとおりに進行します。

CryptoHorseホワイトペーパー原文はこちら

まだCryptoHorseの紹介記事をご覧でない方は是非ご覧下さい。

CryptoHorseをやってみた!

第2回CryptoHorseプレイ日記

第3回CryptoHorseプレイ日記

‘続きを読む’

仮想通貨とクリエイターについて【後編】

どうも!
tysterkenです。

前回に引き続き、仮想通貨とクリエイターについて書いていこうと思います。

関連記事仮想通貨とクリエイターについて【前編】

仮想通貨の持つブロックチェーンやスマートコントラクトが作品の保護(著作権を守る事)や管理の効率化等、様々にメリットが有ることから、仮想通貨とクリエイターは相性が良いと記載しました。
このメリットは、クリエイターだけでは無く作品を利用する側(ユーザー)にとってもメリットになります。
今回は、身近な例でご紹介しましょう。

‘続きを読む’

第3回CryptoHorseプレイ日記

どうも。

ワンクリックで金をドブに捨てる男、raimei7です。

引き続きCryptoHorseをプレイしていきます。

 

通称【宦官】こと【Yuval Ophir】のステータスを眺めていると因縁のある値の表示が変化している事に気づきました。

【infertile】・・・繁殖力の無い

繁殖力がある場合はinfertileの箇所に【fertile】と表示されるようになりました。少しずつ表示の改善もされているようで何より。しかし宦官君の出番はレース実装までお預け。しばらくは厩舎で休んでなさい。

‘続きを読む’

仮想通貨とクリエイターについて【前編】

どうも!
tysterkenです。

今回は仮想通貨とクリエイターの相性について書こうと思います。

結論から言いますと、仮想通貨とクリエイターの関係は相性抜群だと考えます。クリエイターにとって仮想通貨は一般的に普及すべきものだと思います。

私自身、趣味で音楽を作ったり演奏したりすることがあります。ボカロ全盛期の頃には、CDとか作ったりして即売会に販売したりしたのもいい思い出です。

作詞作曲家、映像クリエイター、グラフィックデザイナー、写真家…と0から何かを作り出すクリエイターは、プロ・アマ問わず適正な報酬を得られない傾向があります。そこには報酬の相場感やリテイクによる工数、クリエイターへの理解、著作権の侵害…、等様々な問題を抱えています。

仮想通貨はこのような問題が改善されると考えられます。

‘続きを読む’

第2回CryptoHorseプレイ日記

どうも。

raimei7です。

今回もCryptoHorseをプレイしていきたいと思います。CryptoHorseとは?という方は前回の記事をご覧下さい。

前回は牝馬を購入したところでレースの実装が気になり止まっていました。howtoにはオスとメスを揃えると書いてありましたのでとりあえず牡馬を買ってみたいと思います。

 

Stallion(牡馬)を買うぞ!!!

うーん、全体的に牝馬より高めに設定されていて手がでない・・・。しかしフィルターを使い価格でソートするとStallionではこの2頭が最安という事が分かりました。0.1125ETHとか高すぎ・・・(笑)唇を噛みしめて先に進みます。

‘続きを読む’

社畜突撃インタビュー パッ君編

どうも!
tysterkenです。

今までXPコイン購入までの記事を書いていましたが、今日はちょっと趣向を変えて会社にいる仮想通貨に関わる人々達の話を書いていこうと思います。名付けて、社畜突撃インタビュー!

記念すべき第一回の社畜は、Twitterでも大人気(?)のパッ君です!名前からどんな仮想通貨が好きかは一目瞭然ですねw

‘続きを読む’

CryptoHorseをやってみた!

どうも。

raimei7です。

今回はCryptoHorseというdappsをやってみましたので登録方法からご紹介します。なおmetamaskが必要ですので導入していない方はmetamask導入の記事を参考にして導入してみましょう。

 

1.CryptoHorseとは?

CryptoHorseはイーサリアムのブロックチェーンで作られた最初の馬育成ゲームで、それぞれの馬は色、外見、遺伝組成が異なりブロックチェーン上に馬情報が記録されます。9種類の色と35種類の属性があるようでCryptoHorseではCryptoHorseの交換と飼育が可能です。CryptoHorse公式はこちら

まぁブロックチェーン上でダービースタリオンやスターホースが出来ると思えば良いのでしょうか?私自身は上記二つだけでなくチョコボスタリオンやウイニングポスト等のゲームをプレイしてきており、かなりワクワクしております。早速、登録して馬を買ってみます。

‘続きを読む’