【超オススメ!!】太鼓の達人は子どものリズム感がドンドン上がるドン【Switchば~じょん!】

スポンサードリンク

太鼓の達人で音楽センスが上がるなんて…所詮ゲームでしょ?と侮るなかれ、太鼓の達人は子どもの音楽センスとリズム感が飛躍的にアップする結構教育の為になるゲームなのです。

では、早速太鼓の達人のどのような点が音楽センスとリズム感がアップする要因なのか、サウンドクリエイターの観点から細かく説明していきたいと思います。

ゲームソフトの紹介

今回紹介する太鼓の達人というソフトはNintendo Switchから発売されている「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」です。

ジャンル豊富な70曲以上もあり2019年1月現在もダウンロードコンテンツで新しい楽曲がリリースされています。(楽曲の追加は有料です。)

Switch Joyコントローラーを太鼓のバチに見立てて演奏できるので別途専用コントローラーを購入しなくて済みますね。

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
¥5,501 (2019/01/19 20:31:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

太鼓の達人が音楽センス&リズム感アップにつながる理由

身体を動かしてリズム良く演奏する動作が良い

太鼓の達人は右から流れてくる音符に合わせて太鼓を叩く動作をします。この単純なゲーム性の中には

  1. 譜面を見て
  2. 音符の種類を見分けて
  3. リズムに合わせて
  4. 叩く

という音楽を演奏する上での動作が組み込まれているのです。

これは例えばピアノ演奏に置き換えても、バイオリンの演奏に置き換えても共通した動作です。太鼓の達人と異なる点は上記2の難易度のみです。(ピアノ等は音符の種類が多いので見分ける難易度があがる)

譜面も大きめなので子どもでも見やすい

音符の種類が少ないので取り組みやすい

太鼓の達人は初心者も始めやすい優しいゲームです。幼い子ども用に簡単な譜面が用意されていますし音符の種類も2種類(「ドン」と「カッ」)しか無いのですぐに覚えられます。

太鼓の中心を叩く「ドン」

太鼓のフチを叩く「カッ」

 

また「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」ではキャラクターによってスキルを持っており「ドンとカッの区別をしない」や「タイミングが違っても成功になる」等といったゲームを優しくするシステムなので、曲の難易度によってキャラクターを使い分けてゲームクリアができます。

キャラクターによって演奏スキルが異なる。プレイを簡単にするキャラもいるので苦手な人でもバッチリ楽しくプレイ!

ゲームクリア=リズムが合っていた、という明確さ

ゲームクリアの達成感は子どもにとっても嬉しい事です。自分の奏でた太鼓のリズムが合っていた証でもあるので音楽に対する自信がつくでしょう。

音楽の上達は繰り返しの練習が必要です。一度間違えたところを間違えないように注意しながら演奏するのが間違えないコツです。

ゲームセンターの太鼓の達人だと繰り返しのプレイにお金がかかってしまうので、Switchの太鼓の達人の方が何度も練習するに向いていますね。

休符の練習になる

子どもにとって音楽最初の難関は休符です。休符がしっかり守れているかどうかで音楽センスが大きく変わってきます。

太鼓の達人は様々な譜面が用意されており、曲の雰囲気通りに音符・休符が配置されています。

最初は休符だと意識せずもぐらたたきのような感覚で演奏するかもしれませんが、繰り返しのプレイで休符のリズム感を養える事ができます。

太鼓の達人では「休符マーク」がなく、音符が無い部分で休符を表現する。

様々なジャンルの楽曲が用意されている点もGood

太鼓の達人は流行りの楽曲や、長く歌われ続けているJ-POP、幅広いアニメソングやクラシック音楽など様々なジャンルが取り揃えられています。

普段子ども達は親の用意した曲を良く聞きます。(童謡やアニメソングなど…)ずっと同じ曲を聞き続けるより知らない曲をたくさん聞いたほうが音楽のセンスやリズム感が向上します。

「自分から知らない曲を聞こうとする」姿勢は日常では中々得られません。子ども達にとって、新鮮な曲の体験は心に深く刻まれることでしょう。

アニメソングも幅広い年代をカバー

私達大人も、新しい曲を発見するには「TVから流れてくる」「友人に紹介される」などと受動的なケースが多いかと思います。子どもの内から能動的に新しい曲を発見できる事は、貴重な体験なのかもしれませんね。

速い曲よりゆっくりの曲の方が難しい

音符を演奏するより休符を守る方が難しいので、ゆっくりな曲を演奏できるかどうかで音楽センスやリズム感が分かります。

太鼓の達人ではノリノリな楽曲もゆっくりで静かな曲も用意されている為幅広いスピードの音楽センスを養えます。

もぐらたたきになってはダメ。あくまでも音楽として楽しむべき

太鼓の達人には上級者向けの譜面も用意されています。音符が止めどなく流れてくる「難易度:おに」ではもはや太鼓の妙味が無くただのもぐらたたきです。

リズムゲームどころではない(笑)

ゲームセンターなどでも上級者が太鼓のバチを細くして連打を稼ぐプレーが見受けられますが、叩いている物が太鼓だと考えると現実的な譜面とは言えません。あくまでゲームとしての難易度であり音楽としての難易度からは分けて考えて良いでしょう。

太鼓の達人には「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「おに」と4つの難易度がありますが、「かんたん」と「ふつう」ぐらいが現実的な難易度でしょう。この2つを難なくクリアできれば音楽的なセンスはかなり上がっていると思います。

太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!ではパーティーゲームもあるぞ!

太鼓の達人には最大4名で楽しめるパーティーゲームも入っています。こちらもリズム感を養うゲームが多めなので、譜面を読まなくても動きに合わせてボタンを押してリズム感を養えます。

20種類のパーティーゲームを楽しめる!可愛いゲーム内容が盛りだくさん

リズムに合わせてお餅を付くゲーム。ノホホンとした雰囲気がなんともGoodだね!

太鼓の達人は家族と楽しめて音楽センスも上がるのでいい事づくしだ!

Joy コントローラーを握る事ができる年齢なら十分に楽しめる太鼓の達人。単純な動作で楽しく演奏やパーティーゲームが楽しめるのでお子さんのいる家庭にはぴったりなゲームソフトです!音楽センスやリズム感がドンドン上がるから一石二鳥だね!(Joy コントローラーは手のひらサイズなので、小さなお子様でも握れるよ!)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA