トルコリラの影響で仮想通貨も暴落!?なぜ関係するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!絶超上司(@joushi_koeru)のtysterkenです!

2018年8月中旬の仮想通貨、7月後半に90万円台をつけたものの60万円台に突入する暴落を遂げています。

なぜこのように暴落してしまったのか、理由を見つけようとすれば色々ございますが、「トルコリラの急暴落」につられて仮想通貨までも暴落した事が1番近しい原因ではないかと推測されます。(トルコリラはトルコ国の貨幣です。)

絶超上司の関連記事8月の「買い」は超危険!!仮想通貨は夏枯れ相場に学べ!(こちらは株式市場の格言から、8月仮想通貨の暴落を予見した記事です。)

本記事はトルコリラの暴落に伴いなぜ仮想通貨までもが暴落をするのか?そもそもトルコリラがなぜ暴落したのかを説明いたします。

トルコリラの暴落で仮想通貨までも影響する理由

※チャートはイメージです

まず、暴落すると他にも影響があるのはトルコリラに限った話ではありません。1番具体的でわかりやすい例を挙げるとリーマンショックです。

リーマン・ブラザーズの経営破綻が世界規模の金融危機に発展しています。リーマン・ブラザーズはアメリカの銀行ですが、日本にも大きな影響を与えました。

このように、1つの暴落は関連する何かに影響を与えます。では、トルコリラと仮想通貨…、一見関連性がなさそうに見えますがなぜつられて暴落してしまったのでしょうか

リスクポジションの圧縮

「トルコリラやべー。ということは仮想通貨もやべー」という投資家が多いという事です。逆説的ではありますが、先行き不安と判断した投資家がトルコリラに限らず他の金融商品に対してもリスクを抱える事をやめてしまった結果、仮想通貨までも暴落してしまった理由になります。

暴落に合わせ、ショートに積み上げ

トルコリラやべー。ということは暴落につられるからショート入ったほうがよくね?」という投資家が多いという事です。こちらはトルコリラの暴落を材料として見た投資家の行動ですね。

スポンサードリンク

影響は一時的なものと考えられる

しかし、今回のトルコリラ暴落が与える影響は一時的なものとして考えられます。理由は、トルコリラの暴落は他の金融商品や外貨などに大きく影響を与える内容では無いからです。

先程紹介したリーマンショックは、他への影響が大きすぎました。詳細は割愛しますが、

  • ローンは返せないわ
  • サブプライムローンは様々な金融商品として拡散していたわ
  • 日本は当時超円高で、てんてこ舞いだったわ
  • 自動車、鉄鋼、IT系の産業が軒並み被害を食らったわ
  • それに伴い倒産や失業者が増えたわ

…と、本当に色々ありました。

トルコリラの市場が安定すれば収束されますし、ショートもいずれは利益確定されるので、今回のトルコリラの暴落が永久に仮想通貨に影響を与え続ける可能性はかなり低いでしょう。

しかし、トルコリラの市場の動向については、しばらく様子見が必要です。次はなぜトルコリラが暴落をしてしまったかを紹介しましょう。

なぜトルコリラが暴落してしまったのか?

直接的暴落のきっかけは、トルコと米国の関係悪化が原因です。しかしここに至るまで様々な問題が積み重なっていました。

エルドアン大統領再選が初めのきっかけ

※写真は選挙のイメージです

2018年6月24日にエルドアン大統領が再選されました。そのタイミングで元々下落していたトルコリラに拍車がかかりました。

政治と経済は密接に関わりがあります。エルドアン大統領のこれまでの政策と今後の政策に対して不安を抱えた結果がトルコリラの暴落に繋がりました。

エルドアン大統領の政策

わかりやすく言うと、エルドアン大統領は暴政です。特に今回のトルコリラの暴落はエルドアン大統領の金融政策に対する干渉が激しかったとされます。

トルコ中銀が7月24日の定例会合で利上げを見送った事を起因に、またもやトルコリラの暴落に拍車がかかりました。利上げ見送りの背景では、やはりエルドアン大統領の圧力があったとされます。

なお、なぜ利上げ見送りがトルコリラの暴落に関連するかを簡単に説明すると、利上げは貨幣価値が高くなるので魅力が増すことになります。トルコリラが利上げしなかったせいで、トルコリラに魅力がなくなり他の貨幣(ドルなど)に逃げてしまった事がトルコリラ暴落の原因となっています。

米国とトルコの関係悪化が大きな原因

問題の8月10日。元々トルコ政府が米国人牧師を長期拘束していた背景が関係を悪化させていたのですが、同日トランプ大統領が「トルコ製の鉄鋼・アルミニウムの輸入関税を大幅に引き上げる」と発表したことで関係は一気に冷え込みました。

これを受けてトルコリラの暴落が出来上がってしまったわけです。

仮想通貨以外の経済も勉強が必要

経緯を見ても、今回仮想通貨の暴落とトルコリラの暴落は全く関連が無いとは言い切れ無い事がお分かり頂けた思います。

仮想通貨も金融商品な為、経済の影響を受けます。仮想通貨関連のニュースだけに着目せず、他経済ニュースにも着目する事で仮想通貨の動きを知ることができるかもしれません。

世界経済・株式市場に詳しい人は仮想通貨も詳しいかも!?仮想通貨を保有するには国内取引所・販売所の登録が必要です!すぐにアクションに移せるよう、早めに登録を行いましょう!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA