貧乏人テスト!おサイフケータイは金持ちの証!?

スポンサードリンク

仮想通貨を中心に儲かっているとお金についての考え方が変わってきます。インプットを多くする為に書籍を読んだり、無駄な出費を抑えたり…、価値を考えたり…。金に対する考え方が成長するので、更にお金を稼ぐことが出来ます。

さて、今回はテストをしてみましょう。あなたが金持ちの考え方か貧乏人の考え方かある程度わかります。

おサイフケータイに10,000円をチャージできるか?

テストは単純です。今すぐコンビニ等に行っておサイフケータイ(又はプリペイドカード等のWebマネーサービス)に10,000円チャージできる人は、お金持ちの考え方が出来ている方です。

それだけで…?とお思いでしょうが、明確な理由があるのです。

目先のお金に執着していないか?

チャージ出来ない人は、財布にお金(日本円)が無いと不安になってしまう人です。

「どうせ使うんだからチャージしようがしまいが一緒でしょ?」と考えているなら、今すぐチャージに行きましょう。

……なかなか行けないでしょう。

他にお金を使う可能性を考えると、今使わないものにお金をかけることが難しくなります。今100円のジュースを購入するだけなら、100円だけ払えばいい…と考えます。

この考え方、コンビニでジュースぐらいなら問題ありませんが、別のシーンで重たい問題になります。

自分にとって価値のあるモノに投資ができなくなる

目先のお金を大切にしすぎると、未来への投資ができなくなります。

例えば、本屋に行きインプットの価値がある書籍があったとします。ここでお金と相談してしまう人は、一生金を稼ぐ事はできません。「今は手持ちが少ないから、多くなった時に購入しよう」「ここで財布の中身が少ないと、遊びに行けないな…やめとこう」こんな考え方をしていてはダメです。

金を払う行為が時間の無駄

金持ちは時間の無駄なことが大嫌いです。

おサイフケータイは、小銭を出す必要がありません。ワンタッチですべてが解決します。

私はいつも、会社前のコンビニで飲み物を購入します。購入の際、いちいち財布を探して小銭をジャラジャラ出すことが非常に煩わしく思うのです。おそらく、やりとりに30秒~60秒ほどかかっているでしょう。

全くの無駄です。ほぼ毎日コンビニによるので一ヶ月で、60秒×30日=1800秒。一ヶ月で30分も時間を損している事になります。30分ならブログの記事1本はかけます。

おサイフケータイならものの5秒~10秒ほど。積み重ねると大きな時間になりますね。

小銭が煩わしくなる

お金持ちに小銭は必要ありません。

お金を持ち出すと、小銭が不要になります。現金しか使えないお店で仕方なくもらう感じ。(笑)そもそも日常に置いて現金が必要なケースが稀になってきたので、あまりお金を持ち歩かなくなります。

貧乏人は細かいお金の積み重ねに価値を感じますが、大きなお金を稼いだほうが数える手間も省けて良いでしょう。

自分のベース通貨を100円500円と少額におかず、とりあえず最高紙幣の10,000円をベースに置きましょう。文字通り”小銭”が”小さく”見えてきます。大きなお金に興味が向かいます。

出費が管理できる

定期的にチャージすると、コンビニでいくら使っているのかが明確化されます。現金で支払っている場合、お金が出入りするのでレシート等で記録する必要がありますが、おサイフケータイではチャージした金額が無くなった日付でどのくらい出費があったかを把握できます。

貧乏な方は、持っている分だけ贅沢をしてしまう可能性が高いので、正確な出費が把握できません。確かに使っているのに、「金がない、金がない…」と嘆いています。

収入の方ばかり気にしがちですが、支出をもしっかり把握しないとお金持ちになることは難しいでしょう。

スポンサードリンク

目の前からお金を無くす事から始めよう

日本は以外にもキャッシュレス後進国です。2015年、日本のキャッシュレス割合は約18%と低く、アメリカや中国はすでに50%を超えています。特に電子マネーの割合が低く(2%ほど)、まだクレジットカード決済が多くを締めています(16%)

2017年5月8日 経済産業省 発表 FinTechビジョン(PDFリンク)資料より

クレジットカード決済は、銀行口座からの引き落としなので、自分の財布からお金を払う…という感覚があるのでしょうか。普及率も高くどこでも使用ができるので信頼性が高いのでしょう。

一方電子マネー(おサイフケータイなど)は一度電子マネーを購入する必要があります。自分がどのぐらい利用するかが読めないので、電子マネーにしにくいのだと予想できます。また、扱える場所がまだ少ないので利便性を見いだせない現状もあります。

しかし、今後日本はキャッシュレス化を進めていきますし、お金の価値も変わっていきます。我々が記事で取り扱っている仮想通貨はその最たるもので、仮想通貨で諸々の商品やサービスが購入できる時代になれば、いよいよ日本円の価値が無くなっていくでしょう。

金持ちの考え方になるには、刻一刻と変化するお金の価値を見定めなければなりません。

おサイフケータイにチャージする事は、日本円に依存しない耐性をつける一歩としては最適です。あなたもキャッシュレスを目指し、お金持ちの考え方を身に着けましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA