私の勝率が下がるから本当は教えたくない!?FPSで”勝てる”ヘッドホンを選ぶ為のマル秘知識

スポンサードリンク

FPSに置いて音は敵の位置や武装を教えてくれる大切な情報です。勝つための勉強としてついエイム強化や強ポジの発掘に目が行きがちですが、音関連の知識習得や環境改善でも勝率が上がることがあります。

音の環境改善として真っ先に思いつくのがヘッドホンの調達や交換ですが、結局の所どのヘッドホンを購入すればよいのか素人にはわからないかと思います。購入しても「ああ、なんとなく良さそうかな」と曖昧な納得をしてしまうのではないでしょうか?

今回はサウンドクリエイターの仕事をしている私が音関連の知識どの様なヘッドホンを購入すればよいのか書いていこうと思います。ヘッドホン購入のご参考になれば幸いです。

FPSで勝つ為の音の知識

まずFPSの音に関する知識を教えます。

FPSのサウンドはヘッドホンを前提に作られている

FPSの情報の要素として一番重要なのは、音の方向や距離感です。

スピーカーで方向や距離感をスピーカーで表現しようとすると難しく正しいスピーカーの設置が必要です。耳までの距離や高さ、スピーカーが向いている方向などきっちり測らないと正しい音の位置がわかりにくくなります。

ヘッドホンなら人の頭の形状に大差ないので誰もが同じ様に音を聞けます。サウンドクリエイターもヘッドホンを想定して音を作ったり出音のチェックしたりしているので、FPSでみんなが同じ土俵に立つにはヘッドホンの使用が絶対です。

イヤホンもヘッドホンと同じ様に思いますがイヤホンは耳の穴に直接入れるので距離感がつかみにくい形状になっています。もちろん、高価なイヤホンならヘッドホンと同じパフォーマンスを出せますがイヤホンに対するこだわりがない場合は機能的・値段的にもヘッドホンの方がオススメです。

FPSのサウンドクリエイターはBGMよりSE(効果音)に命をかけている

もし特定の人だけ分かる効果音があったら強くなれると思いませんか?

しかしFPSでその様なことが起きれば「何だこの人によってハンデがあるゲームは!?」と不満が募ってしまいます。全員がなるべく平等な情報を得ながらでプレイできるのに越したことはありません。

FPSのサウンドクリエイターはその様な不平等が起こらないようSEを慎重に制作しています。

余談ですが、銃撃音一つとっても彼らの努力が垣間見れます。同じ様な音を連射していると思いがちですが微妙に一つずつ音質を変えておりリアルな銃撃を表現しているのです。

FPSのサウンドクリエイターは意地悪に音を作っている

圧倒的な有利差を生まないようなSE制作を心がけている一方、彼らは私達を惑わせる意地悪なSEを作る事もあります。一例を紹介しましょう。

大人気バトルロワイヤルゲーム「PUBG」では、ゲーム中に天候の変化で雨になる場合があります。雨の音が常になっているので敵の足音が聞こえにくくなりゲームの状況が変わってきます。

そして雨の音をよく聞くと足音ににた音が「トントン」と聞こえるのです。

私はこれを聞いた時、「わざと足音に近い成分を入れてプレイヤーを混乱させようとしているな…」と感心しました。

この知識があるからといってゲームプレイに影響があるわけではありませんが「もう!この音がウザくて撃ち負ける…!!」と苛立つより「ったくコイツラ(SE制作者)は面白い事しやがって…!」と余裕に構えたほうがパフォーマンスの高いプレイができるのでは無いでしょうか?

ゲームによってサウンドボリュームバランスが違う

例えば「○○のメーカーは銃撃の音が大きいけど、□□のメーカーは足音の方が大きい」といった具合にゲームによってサウンドボリュームは様々です。

メーカー同士発売しているFPSのボリュームを参考にするのでやりすぎた調整はしませんが、ゲームによってボリュームバランスが違うという事は覚えておくべきでしょう。

「あのゲームの銃撃音に慣れすぎて、こっちのゲームでは勝てない!」そういう事はよくありますが、違いを受け入れる気持ちが勝利を生みます。

スポンサードリンク

FPSで勝つ為のヘッドホンの知識

ヘッドホンの価格は周波数帯域のクセと解像度で決まる

周波数帯域のクセとは

ヘッドホンの謳い文句に「驚きの低音を強化…」「迫力のドンシャリサウンド…」と表現されていますが、周波数帯域のクセとはその謳い文句を指しています。

ヘッドホンを作る際に例えば低音周波数を強めに出したり、どの周波数も均等に聞こえるようにしたりとヘッドホンの聞こえ具合に「味付け」を行います。

安価なヘッドホンは特にその味付けにこだわっておらず「とりあえず聞こえれば良い」という感じで作っています。(味付けする必要な電子部品を使っていないので安価なのですね)

解像度とは

よく画像の解像度…という表現を行いますが音に関しても同じ様な雰囲気で解像度と表現します。

例えば音楽は様々な音の高さの楽器を用いて作られています。それが合わさったときに1つの「ゴチャっ」とした塊で聞こえるか、どの楽器もしっかりと聞こえるけど1つの音楽で聞こえるかは解像度の高さによって決まります。

FPSでも様々な音が混ざりあうので、できるだけそれぞれの音が鮮明に聞こえる方が良いですね。

FPSゲーマーは音質より装着感を重視したほうが良い

いくら高価なヘッドホンを購入してもその音質がピッタリ自分に合うとは限りません。人によっては安価なヘッドホンの方がよく聞こえると感じる方もいるかもしれません。

音質を追い求めるよりかはFPSゲームを長く続けるために装着感がフィットするヘッドホンを探したほうが良い結果を生みます。長時間装着して耳が痛くなったり暑くなったりしてパフォーマンスが出せなくなるのは本末転倒です。

ゲーミング用より、サウンドクリエイター用ヘッドホンのほうが良い

実はサウンドクリエイター用のヘッドホンの方がゲームに向いています。なぜならサウンドクリエイターは長時間ヘッドホンを着用して音楽を作る為長時間用の設計がされているからです。

当然音楽制作を行う為のヘッドホンですから音質は抜群ですし、周波数にクセのあるヘッドホンで音楽を作ってしまうと万人向けの音楽ができないので周波数帯域のクセも、どの高さの音均等に聞こえる用に作られています。

サウンドクリエイター用ヘッドホンはゲーム用にも作られたヘッドホンと言っても過言では無いでしょう。

ヘッドホンは一定価格を超えると自己満足の世界

正直言いますと、15,000円以上のヘッドホンは自己満足の世界です。

「ハイレゾ~」やら「高音質~」やらと謳い文句が飛び交いますが有る種のブランド志向と思っていただいて良いでしょう。大切なのは実際に音を聞いたときにどの様に思うかです。こればかりは実際に装着してみないとわかりません。

FPSゲームに置いては必要な情報さえキャッチできればそれ以上の高音質は必要ないでしょう。(そもそも、高級なヘッドホンの所有者だけが聞こえる音が搭載されていたら、やはり不公平でゲームの質を落とすことになります。)

逆に5,000円以下のヘッドホンは露骨に差が生まれます。音質も装着感もレベルが低くなります。音の聞こえ方は千差万別なので、5,000円以下のヘッドホンにも魅力的な謳い文句(「手軽な高音質を…」等)が書いてあります。しかし10,000円のヘッドホンと比べてみればその差は歴然です。

5,000円以上15,000円以下のヘッドホンで十分OK

この価格帯なら、音質もよく装着感もしっかりとしたヘッドホンが手に入ります。種類も豊富でデザインに拘れるのでオススメの価格帯ですね。

オススメヘッドホンはこれだ

こちらの記事でオススメヘッドホンを3つ紹介しています。いずれも音楽制作に特化したヘッドホンを紹介してありますので、ゲーミングヘッドセットと差別化できます。

購入前には出来るだけ店頭で装着具合や音質を確認してあなたにあった最高のヘッドホンを選びましょう!そうすれば明日からの勝率はグンッとアップするでしょう。

ステキなゲームライフを!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA