XPコインを購入しようSTEP3 ペアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!絶超上司(@joushi_koeru)のtysterkenです!

「XPコインを購入しよう」の連載記事。一つずつステップアップしていきましょう。

第二回では、XPコインを取り扱っている海外の仮想通貨取引所「coinexchange」の登録を行いましたね。

絶超上司の関連記事:海外の取引所は怖くない?XPコインが購入できるcoinexchangeの登録方法

上記関連記事にも紹介したとおり、現在(2018/2)では、ビットフライヤーでXPを購入することはできません。XPコインを購入するには、複数の種類のコインを購入し交換することが必要となります。いつの日か、ビットフライヤー等の日本の仮想通貨取引所でXPコインが購入できるように応援しましょう!

 

ステップ3-1:仮想通貨はペアで購入する事が大前提

仮想通貨のペアは、購入に置いて大事なワードなのでしっかり覚えておきましょう。

例えば、日本円からドルに両替する時を想像してみるとわかりやすいです。両替は「日本円とドル」のレートに則って、両替が行われますね。

これを単純に仮想通貨に置き換えると、「日本円とビットコイン」のレートに則って、両替(つまりビットコインの購入)がなされる訳です。この2つの通貨の関連性をペアと呼びます。

ビットフライヤーには「日本円とビットコイン」のペアが取り扱われているので、日本円でビットコインを購入することができます。他にも「日本円とイーサリアム」のペアや「日本円とライトコイン」のペアが取り扱われています。

なぜビットフライヤーでXPコインが購入できないかを突き詰めると、「日本円とXPコイン」のペアが無いからという事になります。このルールで考えると、海外の取引所coinexchangeには、XPコインとのペアを取り扱っていると言うことで、同所ではXPコインの購入が可能だと言うことですね。

ステップ3-2:BTC/JPYを理解しよう

BTCはビットコインの事を指します。JPYは日本円(ジャパニーズYen)の事です。仮想通貨では、簡略されたアルファベットで通貨を表記します。

ビットフライヤーや仮想通貨のチャートを見ると、「BTC/JPY」や「ETH/JPY」のような表記をよく見ますがペアを表示しています。「BTC/JPY」は「ビットコインと日本円」を両替(購入)するよという意味になります。

そして、この表記には順番もあり「後ろの通過を利用して、前の通貨を購入しますよ」という意味を持っています。「BTC/JPY」の場合「後ろの日本円」で「前のビットコイン」を購入する、という事になります。

あたり前に思えるような話が重要で、日本円を含むペアですと日本円が馴染みのある通貨の為、理解が簡単なのですが、仮想通貨同士の両替になると見慣れない表記や仮想通貨名に少し混乱すると思いますので、ゆっくりと反復して覚えましょう。

後ろの通貨で購入!

ビットフライヤーで初めて仮想通貨を購入するのであれば、JPYで購入する事になると思いますので、「BTC/JPY」や「ETH/JPY」のように、後ろにJPYがあるペアで取引を行うという事を覚えておきましょう。

ステップ3-3:取引所で取り扱っている仮想通貨を確認しよう

いままでもお伝えしましたとおり、現在ではビットフライヤーではXPコインを取り扱っておりません。取り扱っていない仮想通貨は当然購入することができませんね。

逆に、ビットフライヤーはJPYを取り扱っているので、私達の持つJPYを入金して他の仮想通貨を購入することができますね。(くどいですが、反復で頭に叩き込みましょう)

ここで次のような例で考えてみてください。(仮想通貨取引所の名前は仮の名前で設定しています。)
日本の仮想通貨取引所「ビット上司」では、「BTC/JPY」の1ペアのみ取り扱っています。
海外の仮想通貨取引所「coin上司」では、「XP/EHT」の1ペアのみ取り扱っています。

「ビット上司」でJPYを用いて、BTCを購入しました。XPコインを購入するため、BTCを「coin上司」に送ろうと思います。無事に「ビット上司」→「coin上司」にBTCを送る事ができました。しかし、BTCでXPコインを購入することはできませんでした。

という物語ですが、どうして購入できなかったかはもうおわかりですね。

BTCを購入したとしても、「coin上司」にはBTCを取り扱っていなかったため、結局XPコインを購入することが出来なかったということですね。

取り扱っていないコインを受け取ったって、使用できないので、送る意味が無い(正しくは送ることはできない)
(もう少し突っ込んだ話をすると、この物語上の取引所では、BTCを「coinXP」に送るができていますが、実際はありえません。トランザクションだったりGOXだったりと、別の用語の説明が必要になってきますので今回は割愛しますが、お互いが取り扱っていないコインを送る事はやってはならないことなのです。このあたりは別の記事で説明できればと思います。)

絶超上司の関連記事仮想通貨の送金は細心の注意を!

このため、取引所で取り扱っている仮想通貨が何かをしっかり把握する必要があります。今回の購入対象がXPコインであるため、XPコインとのペアは何の仮想通貨かを把握する必要があります。

さて、仮想通貨のペアについてはご理解いただけたでしょうか?仮想通貨はBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)と代表的な仮想通貨から、アルトコイン、マイナーコインと1000以上にも及ぶ仮想通貨が存在します。しかし、取引を行うのは必ずペア。落ち着いてペアの内容を把握すれば、目的のコインを購入することは難しくありません。

次回は、XPコインを購入するにあたり、各取引所で取引されている仮想通貨ペアの紹介と購入までどの仮想通貨を購入すればよいかを説明していきたいと思います。

コメントを残す

*

CAPTCHA