XPコインを購入しようSTEP5どのコインを買う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!
【仮想通貨で上司の年収を絶対超えるブログ】のtysterkenです。

ビットフライヤーからの本人確認は届いたでしょうか?
2018年から登録する方が多くなりましたから、本人確認にも時間がかかっているかもしれませんね。
ここは、気長に待つしかないです。

本人確認がまだという方は、早めにしちゃいましょう!本人確認は無料ですし、購入したいときに購入できなかった為に、
損をした気分になる事もあります。
もし買っていれば、価格が騰がっていた!というモヤモヤした気持ちを持たなくて済みます。

関連記事ビットフライヤーの本人登録を行おう!

さて、XPコインの購入について、大分進んできたと思います。
もう購入できるんじゃないか!?と心は焦ってしまいますが、もう少し知識を入れてから購入しましょう。

今回は更にXPコインを購入するにあたり、はじめに購入すべきコインは何か?を具体的に紹介していきます。

ステップ5-1:最終的にXPコインを購入できる仮想通貨をまとめよう

はじめはビットフライヤーでJPYを用いて仮想通貨を購入します。
その購入する仮想通貨は、coinexchangeでXPコインとペアになっている仮想通貨を購入する必要があります。
前回の記事で学んだ通り、coinexchangeでXPコインを購入するには、下記のペアがあります。

関連記事XPコインを買うにあたり、始めに購入する仮想通貨は?

方法1:【XP/BTC】BTCで直接XPコインを購入する方法
方法2:【DOGE/BTC】→【XP/DOGE】BTCでDOGEコインを購入しDOGEコインでXPコインを購入する方法
方法3:【DOGE/LTC】→【XP/DOGE】LTCでDOGEコインを購入しDOGEコインでXPコインを購入する方法
方法4:【DOGE/ETC】→【XP/DOGE】ETCでDOGEコインを購入しDOGEコインでXPコインを購入する方法

上記4つの方法から、【BTC:ビットコイン】【LTC:ライトコイン】【ETC:イーサクラシック】の3つの仮想通貨を
購入できれば、最終的にXPコインを購入することができますね。

ビットフライヤーでは、上記3つの仮想通貨を取り扱っていますので、問題ありませんね。

ステップ5-2:【BTC】【LTC】【ETC】どれを購入すればいいの?

さて、ここが一番悩みどころです。今回の場合、どの仮想通貨も最終的にXPコインを購入するため、一時的に保有するだけのものになります。
じゃあどれでも良いのか?といったら、考え方によっては「こっちの方が良い」と思える仮想通貨もありますので、説明していきたいと思います。

内容が異なる

それぞれの仮想通貨が持つ構造は同一のものではなくそれぞれ異なっています。
それは例えば送金スピードが違ったり、仮想通貨の中に契約内容を組み込んだり…と、1つの仮想通貨でも色々システムが形成されています。
実際に現物のあるJPYやUSD(ドル)では想像の付かない事ですが、仮想通貨は電子的な情報を含めるため、これらの事が可能なのです。
ただ、ここでその内容を列挙しても本線から逸れますので、まずは仮想通貨の持つシステム内容が異なる、とだけ覚えておくとよいでしょう。

金額が異なる

ここはピンときやすいですね。
勘違いし易いのが、購入は1単位である必要が無いということです。ここが、仮想通貨ならではの部分ですね。
仮に1BTCが100万JPYだとしても、100万JPYを用意する必要はなく、例えば0.1BTC分だけ購入することもできます。10万JPYということですね。もっと下げて、0.01BTC分購入することもできます。こうなると1万JPYで購入することができます。

送金スピードが異なる

これは、上記「内容が異なる」につながる部分でもありますが、仮想通貨によって送金のスピードが異なります
送金スピードは仮想通貨にとって重要なテーマでもあるのですが、とりあえずざっくりとでも覚えておきましょう。

問題点

さて、これらの違いを鑑みて、どのような問題が起こるかというと
・【問題1】価格差が広いコインを購入すると、XPコインを購入する際に損をする可能性が高い
・【問題2】送金スピードの遅いコインを購入すると、機会損失につながる。又、初心者の方には精神的な心配になる。

事が挙げられます。
この上記2点の問題を抱えているのが、実はBTC(ビットコイン)だったりするのです。

【問題1】XP/BTCは損をする可能性が高い

BTCは唯一100万円付近を維持する高価な仮想通貨です。
方やXPコインは、今後の成長を含んでいるものの、まだ「1円以下」の仮想通貨。
ペア同士の価格差が広いと、その分で損をする可能性が出てくるのです。
どういうことかというと、BTCの最小取扱単位は「0.00000001BTCです。」(いわゆる1satoshiと呼ばれる単位)
1BTCが「1,000,000円」だった場合、0.00000001BTCは「0.01円」になります。
仮に、XPコインが1枚0.008円であった場合、BTCの最小取扱単位を下回っているので、1XPコインを0.01円で購入しなければなりません。
XP/BTCでは「0.002円」も高く買わざるを得ないので、損したことになりますね。

 

DOGEコイン経由するのは、「XP/BTCほど離れていない価格のコインであり、DOGEがBTCの最小取扱単位以上の価格である」という理由があるからです。

【問題2】送金スピード(処理)が遅い

そして、BTCは送金スピードが遅いです。これは、現在においてBTCの弱点とも言われるぐらい特徴的な事です。
正直、最初は本当に届いているのか?どこかで悪さをされていないか?と心配になるぐらい時間がかかったのを覚えています。
金額が多ければ多いほど時間がかかりますので待っている期間がいたずらに不安感を生み出します。
「いつ届くんだろう」がやがて「仮想通貨こわいな」につながっては元も子もありません。
また、時間がかかったことで、自分の購入・売却のタイミングが合わない可能性もあります。これも、「あの時売却しておけばよかった」という心残りが起きる可能性もあります。
基本的に、投資は心の冷静さが必要です。無駄なケースで心に負担をかけてしまうことは避けなければなりません。

BTCで送るのであれば、送金には時間がかかるということを理解しましょう。先に理解することで、心構えができます。

ということを加味すると、ビットフライヤーではじめに購入する仮想通貨としてオススメなのは、LTC(ライトコイン)かETC(イーサクラシック)になります。
この2つの仮想通貨は、XPコインとのペアが無いため必ずDOGEコインと交換しなければならない(つまりはXPコインとの価格差が少ないコインに変更せざるを得ない)、
送金スピードもBTCと比べ早い方ですので、上記2点のような問題点はありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA