いつのまにかXPが分裂!XPC誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。

raimei7です。

気が付くとXPが分裂していました。分裂した側の通貨名は【XPC】となった様です。XPコミュニティ内で人気のあった【Kazmaro氏】もXPCに移った様で今後どうなって行くのか注目ですね。しかしまぁ、分裂すると一人前感が出ますね(謎)

XPCとは

eXPerience Chain(XPC)は、普段使いのコミュニティコインを目指した仮想通貨です。XPCのコミュニティでは、誰もが自分のアイディアを実現したり表現できる場を目指し、XPCはその中でのツールとして利用できることを目指しています。PoSにより、ユーザーは高額な設備がなくとも手持ちのXPCを増やすことができます。誰かにチップしたり、商品を買ったり。イベントやコンペを開くこともできるでしょう。XPCチームはXPCを通じて、ユーザーのコミュニケーションを応援します。(XPC公式サイトより)

通貨の目的としてはXPと大差無いように見えます。通貨の性能が似通っている場合は、コミュニティの強さが勝敗を分ける事が多い様に感じますのでコミュニティの動きには注目したいですね。

 

なぜXPから分裂したのか?

XP-JP Admin&Modsチーム よりお知らせです。 XP-JP はXP運営元である本家からの管理を離れ、独自に運営することにしました。 私たちは、eXperience Pointsの理念である「経験」を新たな価値に繋ぐことができるよう、最大限に努力してきました。この6か月の間にいくつかのイベントが開かれたこと。XPpayが開設され、お店で使えるという実際の価値を得たこと。たくさんのメンバーが集い、思い思いにその可能性について語り合ったこと。そして、失敗の経験も。 やがて、私たちは大きな困難に直面しました。それは残念ながら解決できるものではありませんでした。 私たちは本家を離れ、別の道を歩むことにしました。 XP を信じてきてくれたみなさまには、本当に申し訳なく思っております。 心よりお詫び申し上げます。 ただ、このままでは終わりません。 私たちは、この「経験」をもとに、次のプロジェクトに向かいます。(公式DISCORDより)

ここ最近のXPは、何も進展が無くロードマップとはかけ離れた進行具合となっていました。思うにBinance上場失敗から始まり、コミュニティ内も相当荒れていたように感じます。一向に改善されない現状にXP-JPの一部メンバーは限界を感じたのでしょう。

 

XPCスペック

【通貨仕様】 名称:eXPerience Chain(略称:XPChain、コード:XPC)
ベース Bitcoin 0.16.0
アルゴリズム SHA-256d/PoW+PoS(PoWはプレマイン専用)
初期発行数 100,000,000,000 XPC(AirDrop: 80%、運営ロックアップ: 20%)
プレマイン 3,024,000,000 XPC(300,000 XPC/block、10,080ブロックまで)
発行上限数 未設定 (状況に応じて設定)
取引手数料 0.00001 XPC/kB(大部分をバーン)
ブロック間隔 60秒
ブロック報酬 1 – 10,080 300,000 XPC (プレマイン期間) 10,081 – 525,600 年間 10% (1年目) 525,601 – 1,051,200 年間 9% (2年目) 1,051,201 – 1,576,800 年間 8% (3年目) 1,576,801 – 2,102,400 年間 7% (4年目) 2,102,401 – 2,628,000 年間 6% (5年目) 2,628,001 – 年間 5% (6年目以降)
プレマイン * プレマインで得られる30.24億枚は初期運営費として扱う * PoWはプレマイン専用で、以降は無効化される 年間運営 * 運営持分200億XPC(最大)のPoSによって予算を算出する * 初年度(最大):年間20億XPC、月間約1.66億XPC * 運営持分のXPCは一定のルールに従ってロックアップされる * 運営持分のXPCは年間5%まで放出できる * 放出した際に獲得するBTC(や、その他の通貨、法定通貨)は、取引所への上場費用や開発費、運営費に充当 * 放出は原則取引所での売却ではなく、オークションやイベントを通して大規模に行う * 各種数値はアタリの数値で、ここから調整は可能(公式DISCORDより)

注目したいのは発行上限が【未設定(状況に応じて設定)】となっている事です。これは発行上限が実質無限である事を示しています。ホルダーとしては、しっかりと上限枚数が定められていた方が価値を感じ易いのですが、実際の法定通貨も発行上限は無いのでこの辺りの感覚は難しいですね。後は、取引手数料として徴収するXPCをバーンして行くとの事でインフレ抑制として機能させたい意思が伺えます。この仕様が上手く機能するかは正直不明ですね。状況に応じて設定される発行上限を上手く操作してくれると良いのですが。。。

XPホルダーにXPCをエアドロップ

既存のXPホルダーに対してXPCが付与される様で、2018/05/23 15:30までに所有していた方が対象です。公式DISCORDで動作している@XPCAirDropCheckerにDMで
$エアドロ xpアドレス
と送る事で付与される量を知る事が出来ます。
簡単ですので一度、試してみると良いでしょう。
またホワイトペーパー等が更新されたらご紹介したいと思います。それでは、また。

コメントを残す

*

CAPTCHA