XPUMPの試聴レビュー|PS4やXBOX等ゲームの使用には要注意だ!

スポンサードリンク

手軽に音質が良くなる事が魅力のXPUMPはホームシアター等で利用する他にゲームでも効果を発揮すると書かれていますが、ちょっと注意が必要です。

先日XPUMPの試聴を行いまして、「確かにすごいけど…はたしてゲーミング使用に置いてはどうかな…?」と思った点がありました。本記事が購入前のご参考になれば幸いです。

音質はどのように良くなるか?

低音が補強され高音がわずかはっきりと聞こえるようになりました。またステレオが拡張された(左右の広がりが広がった感じ)ので、公式サイトにかかれている効果は間違いありませんでした。(3Dサウンドフィールド拡張)

人によっては効果を感じにくい可能性がある

聞いた瞬間、「おお…確かに良くなる」という印象ですが人によっては違いがわかりにくい可能性があります。

変化が多少小さい

よく聞かないと違いがわかりにくい程の変化です。

いきなりXPUMPと通常の音源を渡されたら両方「こんなものか」と差がわからないかもしれません。

確かに元の音源から大きく変えてしまうと根本が変わってしまう可能性があるので、あえて変化を抑えめにしたのでしょう。

ヘッドホンやスピーカーの性能に左右される

XPUMPの公式サイト「よくある質問」にも書いてありますが、ヘッドホンよりスピーカーの方が効果が強いと書かれています。これは「アウトプットの精度が高くないと効果を感じられにくい」とも捉えられます。極端な話100円ショップ等のイヤホンでは効果は少ないのでしょう。

やや専門的な話を交えて話がそれますがXPUMPは「イコライザー(音質調整する機材)」で音質を調整した感じでは無いので分かりやすい効果は感じにくいと思いました。

スポンサードリンク

XPUMPがゲームに向いていないと思う理由

音が良くなるからと言ってゲームが上手くなるとは限らない

XPUMPは間違いなく手軽さが売りです。簡単な接続で音質が向上するのは間違いありません。しかしそれでゲームが上手くなるかといえば答えはNOです。

FPSゲームに置いて足音や周りの音が聞こえやすくなるのはゲームを有利に運びますが、これはXPUMPを使用しなくとも改善されます。

13,000円(amazon価格)でXPUMPを購入するよりヘッドホンや異なるFPSゲームを購入する等をしてプレイ向上のアプローチを変えた方が良いでしょう。

映画とゲームの音作りが全然違う

例えば、XPUMPが「ホームシアター専用」ならまだ理解できましたが、ゲームもホームシアターもと万能さを売りにしているのは「やや話を盛っているのでは?」と感じました。

そもそもゲームと映画の音作りは異なり映画は「実際の動きに音をつける」のに対してゲームは「臨場やシステムに音をつける」のです。例えばゲームではメニュー画面でのカーソルキー音や銃の発砲音など何度も聞く事を前提に作られています。

XPUMPがすべてのジャンルやゲーム音の作り方を考慮して音質補正を行うのは無理に等しいのです。

XPUMPを使うと想定外な音になる可能性も…

XPUMPはリアルタイムに音を分析し演算処理を行っている為、どんな音ソースに対しても最適な効果が得られます。逆を言えば想定外な音量バランスになってしまう可能性があるということです。

サウンドゲームクリエイターは、できるだけ全員が同じように聞こえるよう音質や音量バランスを設定します。当然クリエイターはそこに別の手段で音質補正を加えてしまうことまで想定はしていないのでゲームプレイが不利(もしくは有利)になってしまう可能性もあります。

例えば、FPSに置いての足音がよく聞こえる事もあれば聞こえにくくなってしまう事もあるかもしれません。有利に働けばOKですが、ヘッドホンの性能によって不利に働いてしまう可能性もあります。

e-Sports等の大会ではハードウェアチートになる可能性も…

足音や環境音を過度に音質補正・調整すると反則と捉えられる可能性があります。

例えば「足音の周波数をぐっと持ち上げる音質補正機材」等が開発されたなら機材によってゲームバランスを崩しかねない事になります。

公式大会で公平を期す為に、持ち込みの機材をチェックするルールは今後厳格化されていくでしょう。

お手軽に良い音が手に入るXPUMP|過度な期待をしなければ買いか?

ここまでXPUMPの使用はゲームに向いていない理由を書いてきましたが、簡単に良い音を手に入れるには抜群のアイテムです。

購入には量販店での試聴をオススメしますが、面倒な方やとりあえず試してみたいという方は購入しても良いかと思います。

ただしすべてのゲームで良い音を得られると期待しないことが前提条件なのでXPUMPに過度な期待はしないようにしましょう。

また、スピーカーでホームシアターとして使用するには効果を発揮する機材だと思いますので、ゲーム以外に使用する分にはオススメできる商品です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA