【回線問題】【Apex Legends】マッチングが上手くいかない?これが原因か?

スポンサードリンク

Apex Legendsで回線の悩み抱えてますか?

接続が切れる、マッチングが上手くいかない場合等は是非、一度御覧下さい。

EA公式サイトでは、Apex Legendsは下記のポートを開放する事が推奨されています。

APEX LEGENDSで開放する必要があるポート

プラットフォーム TCP UDP
PC 80, 443, 5222, 9988, 17502, 20000-20100, 22990, 42127 3659, 14000-14016, 22990-23006, 25200-25300
PS4 80, 443, 9988, 10000-10100, 17502, 42127 3659, 14000-14016
Xbox one 53, 80, 3074 53, 88, 500, 3074, 3544, 4500
(EA公式ヘルプより)
これだけの数をオープンにするのは手間ですし、オープン方法もルーター制作会社によって異なるので公式ではその手順までサポートされていません。(大体同じですが)
ですので、DMZの設定があるルーターを使っている方は迷わず自分のPCが該当するローカルIPアドレスをDMZに入れましょう。
自分のPCに該当するローカルIPアドレスを知る為には、Windowsの検索窓にcmdと入力するかコマンドプロンプトを実行しましょう。
そしてipconfigと入力した時にデフォルトゲートウェイ(青枠)の欄に書かれているのが、あなたが使用しているルーターのアドレスです。
IPv4アドレス(赤枠)が自分のPCに該当するローカルIPアドレス。
スポンサードリンク

ルーターに接続しよう

前述した青枠部のデフォルトゲートウェイに書かれているアドレスを使ってルータに接続します。
ブラウザのURL部にアドレスを入力しましょう。
すると上記のような画面が出現するのでユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。
大抵、ルーターを購入した際にユーザー名とパスワードが記載されたシールかカードみたいなのがあるはずです。

UPnPを有効にしよう

UPnPとは・・・

UPnPとは、Universal Plug and Play(ユニバーサル プラグ アンド プレイ)の略です。
Universal Plug and Playは、”Universal Plug and Play Forum”で規定されたネットワークに接続する機器同士を、接続しやすくするための機能です。

以下の機能があります。

UPnPによるデバイス検出対応

LAN内の機器からのポートマッピング要求対応

LAN内の機器へのWAN側IPアドレスの通知

現在販売中のバッファロー製無線親機・有線ルーターは全てUPnPに対応しています。

(バッファロー公式サイトより)
私が使用しているWHR-1166DHP4においては、下記画面にて設定できます。

DMZを設定しよう

DMZとは・・・
非武装地帯 DMZ(ひぶそうちたい、DeMilitarized Zone)は、軍事用語および概念の「非武装地帯」から転用されたコンピュータネットワーク用語(セキュリティに関連はあるが、特に「セキュリティ用語」ではなく、ネットワーク構成一般に適用できる語である)で、プライベートネットワークなどとインターネットを、論理的には接続しながらも隔離により内側の安全性を高く保ち、また、公開ウェブサーバなどに関して外側からのアクセスと内側からの管理の利便性を両立させるなどの目的で、両者の中間に「非武装地帯」として設けられるネットワーク領域のことである。
(wikipediaより)
ルーター設定におけるDMZを設定すれば、以降、特定ポートを開ける作業をしなくてOKです。
コマンドプロンプトでipconfigを入力した際に表示されたIPv4アドレスをDMZ欄に入力しましょう。
例の如く、私の場合だと
この画像のようにあるので、自分のIPv4アドレスを入力しましょう。

まとめ

・開ける必要のあるポートを知る
・ルーターに接続する
・UPnPを有効にする
・ポートを開けるのがめんどくさかったらDMZにIPv4アドレスを突っ込む
これだけ行えば、NATタイプもモデレートからオープンになるでしょう。
スポンサードリンク

ApexLegends関連記事

ApexLegends初心者が抑えておきたい記事一覧

ApexLegends勝利への近道!!攻略関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA