【スプラトゥーン2】勝ちたいなら知識をつけろ!へたれゴーストの感覚的武器研究(おちばシューター編)

スポンサードリンク
ヘタレゴースト
マンメンミ〜 🙂 へたれゴーストです!

最近少しずつウデマエランクが上昇傾向にあり、モチベーションがあがってます!

では、ウデマエX目指して感覚的武器研究始めたいと思います!

今回の武器は【おちばシューター】です!

この武器はわかばシューターのモデルチェンジ版として1番最後に登場した武器になってます。

おちばシューターは武器アップデートの後期に登場した事もあり、サブ武器にトーピードが搭載されています。また、スペシャル武器はバブルランチャーが搭載されており、(わかばシューター)や(もみじシューター)よりも扱いが難しいイメージがあります。

トーピード

 

この武器は投擲した先に敵がいた場合、サカナのような形に変形して突撃する爆弾です。
そして、変形した状態で地面にぶつかるとインクの粒を周囲に拡散する性能を持っています。
このサブ武器は他のボム系の武器とは違い撃墜可能なところがあります。しかし、撃墜しないと割とダメージを受けるため視線をトーピードに向けざるを得ないことから嫌がらせとしてはかなりの効果が発揮されると思います。また、索敵にも非常に優秀で物陰に隠れた敵を見つける事も出来ます。
お弁当の醤油入れのような見た目に反して凶悪な性能を有している恐ろしい奴です!

スポンサードリンク

バブルランチャー

 

発動すると最大3個の泡を前方に出現させる事ができます。泡の性能は、一定以上のダメージを与える事で破裂して周囲にダメージを与えるものが一般的なものとなっています。
また、敵の攻撃を遮る事ができるため守りの泡としても効果が発揮されます!そして、破裂した際の周囲の塗りも極力なため色々なルールで猛威を振るっています!

この説明を聞くとかなり強いイメージを持たれると思いますが扱いが難しく未熟な私には扱いきれませんでした泣

立ち回り

立ち回りとしては、サブ武器を中心に戦うスタイルとスペシャル武器を中心に戦うスタイルによって変わってくるのかなと思います。

サブ武器を中心にした立ち回りは、トーピードを投げる位置が重要になるかなと思います。なぜなら、背後で展開する様に投げる事で簡易的に挟み撃ちの形を作る事ができるからです!トーピードに気を取られていたら正面にメインを構えた敵に倒されたり、正面の敵と戦おうとした時に先に投げられていたトーピードに背後から倒される事もありました。倒されるたびに(上手いな〜)と感心しています。

次に、スペシャル武器を中心とした立ち回りです。スペシャルをメインに戦おうとすると必然的にゲージ無くさないことが重要になり、生存意識が大切になると思います。無駄に倒されないようにトーピードでの索敵を念頭に考えましょう!そして、ゲージが溜まったらその場に応じてスペシャルを発動するという流れにすれば良いのかなと思います。
また、バブルランチャーには【即割りバブル】と呼ばれる発動と同時に破裂させて敵を倒す戦法も流行っています。

まとめ

サブ武器もスペシャル武器も癖のある性能を持っているイメージがありますね。しかし、立ち回りや使い方次第では目立つ存在になれる面白い武器だと思います!(私はまだ目立てませんが)

今回はおちばシューターの感覚的な研究内容を紹介しましたがいかがでしたか?
やはり、改めて自分で武器の立ち回りや性能を考えてみると今まで見えていなかった部分が見えてきたように感じます!

次回は【スプラシューター】を感覚的に研究していきたいと思います!

それでは、
マンメンミ〜 😛

他にもこんな記事も書いてます!よかったら見てください!【スプラトゥーン2】勝ちたいなら知識をつけろ!へたれゴーストの感覚的武器研究(わかばシューター編)

【スプラトゥーン2】勝ちたいなら知識をつけろ!へたれゴーストの感覚的武器研究(スプラシューター編)
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA